内視鏡検査・治療

内視鏡検査・治療

少ない苦痛で早期発見・早期治療。それが杉安クリニックの目指す内視鏡検査です。

少ない苦痛で早期発見・早期治療。それが杉安クリニックの目指す内視鏡検査です。

内視鏡検査の現状

内視鏡検査の現状

かつては内視鏡で発見した病変を外科的に治療(手術)しており、内視鏡検査は診断の手段として捉えられていました。
しかし、現在では内視鏡それ自体と様々な周辺機器の発展により癌やポリープの早期発見・早期治療が可能となっています。
内視鏡検査は病気(特に癌など)の発見・治療にとても有効かつ不可欠な検査です。術者の技量により、内視鏡手術は苦痛も少なくスピーディにでき、入院も短期間(数日)ですみます。


大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

当院では日本でもトップクラスの専門施設(昭和大学横浜市北部病院消化器センター、松島病院大腸肛門病センター、秋田赤十 字病院胃腸センター等)でトレーニングを受けた熟練医師1名が常駐して検査にあたっています。また、患者さんの不安や緊張を和らげるために血圧、心拍数、 血中酸素飽和度をモニタリングの上、鎮静剤と鎮痛剤を注射して検査を行います。検査用のパンツと検査着もご用意していますので安心して検査を受けることが できます。


大腸内視鏡で早期発見・早期治療

大腸内視鏡で早期発見・早期治療

大腸ポリープの中でも大きさが5mm以上の腺腫性のものは、癌化する可能性が高いとされています。しかし早期に発見して治 療を施せば、ほぼ100%完治します。ポイントは大腸内視鏡による早期発見・早期治療。最近の大腸内視鏡は先端に電気メスを搭載しており、遠隔操作でポ リープの切除もできるようになっています。粘膜には神経がないので痛みを感じることはありません。所用時間も10分程度です。軽度の腹痛や食欲不振、下 痢、便秘などの症状が思いあたる方はお早めに専門医にご相談ください。

大腸ポリープの治療

- 個人情報の取り扱いについて -